事故の示談交渉

示談交渉にあたって

交通事故

近年、車を所有するコストの観点等から東京や大阪といった都市部を中心に車を所有しない世帯も増えてきているといわれています。東京や大阪などの都市部では公共交通も発達しており、車を所有せずとも日常生活に支障をきたさないケースも多いからです。しかし、車を所有していない場合でも、被害者という形で交通事故に巻き込まれる可能性があります。交通事故の被害者となった場合、一般的には加害者側の保険によって被害は補償されると考えがちですが、必ずしも自分が納得のいく補償を受けられないケースもあります。一般の人にとって交通事故の示談交渉は初めての経験であることから、専門家である保険会社の言い分を納得できないまま受け入れてしまう可能性もあります。

示談交渉のポイント

交通事故の示談交渉で保険会社側の提示額に納得できない場合、弁護士などの法律の専門家に示談交渉を依頼するという方法があります。依頼にあたっては、東京や大阪といった都市部では弁護士は多数いますので、交通事故の示談交渉について実績豊富な弁護士に依頼することがお勧めです。近年では、特に東京や大阪といった都市部では弁護士数の増加により相談料の引き下げといったサービス競争も行われていますので、事前に複数の事務所を比較したうえで依頼するという手法もあります。保険会社側も営利企業であるため、必要最小限の補償額しか提示しないことが一般的ですので、特に後遺障害の認定などの金額が大きく争われるケースでは必ず弁護士に相談したうえで示談をすることがお勧めです。