労働トラブルへの対処法

労働トラブルの相談相手

弁護士

今日、景気が上向き、人手不足もあって雇用状態が改善してきたとはいえ、労働者と使用者との間のもめ事、いわゆる労働トラブルは後を絶ちません。労働トラブルの代表的なものが解雇や雇い止めといった労働契約解消絡みのトラブルであり、ここ岡山県内はもとより、岡山県外でも多くの地域で労働契約解消を巡るトラブルが相次いでいます。その他、最近増えてきたトラブルとしてパワハラ、セクハラなどのハラスメントの問題があり、こちらも岡山県の内外問わず、非常に増えてきております。このような労働トラブルに巻き込まれた場合、最も効果的なのは法律の専門家であり、民事紛争解決のプロである弁護士に相談することです。弁護士への相談は、直接法律事務所に足を運ぶ他、官公庁の建物内で定期的に開催されている、無料の弁護士相談を利用する方法もあります。

社労士への相談との違い

労働問題といえば弁護士に限らず、社会保険労務士に相談すればよいのではないかという声もあります。最近では一定の試験を合格してあっせん手続きの代理人資格をもった、いわゆる特定社労士と呼ばれる社労士が登場するようになりましたし、ここ岡山県内にも多くの特定社労士が存在します。しかし、社労士は労働トラブル解決というよりも事務手続きのスペシャリストであり、立ち位置としても事業主側に付くことが圧倒的に多いので、労働者の相談を受け付けないこともあります。弁護士は前述のとおり、紛争解決のスペシャリストであるため、将来的に裁判や労働審判の手続きに進むことも念頭において、相手方にどのような反論が可能か、どのような請求を主張できるか、などを考えてくれるという点において、弁護士に相談した方がメリットがあります。また、実際に裁判を行うとなれば、その弁護士に依頼することもできるというのもメリットといえます。ここ岡山県内でも多くの弁護士が労働トラブル解決をサポートしています。